涙袋をぷっくりさせたい
パッチリとした目元になりたい
癒し系で可愛らしい印象にしたい

 

芸能人やモデルのような大きくて魅力的な目元に憧れる女性も多いことでしょう。

 

 

最近では手軽に受けられる涙袋整形が注目を集めています。


 

しかし、プチ整形といっても効果やダウンタイム、料金など心配になりますよね。

 

ここでは、涙袋形成についてこの3つをわかりやすくご紹介しています。

 

  • お手軽に涙袋形成するならコレ!
  • 池袋の美容整形外科クリニック5選
  • 涙袋形成の種類

 

これから涙袋形成したいと考えてる人は是非参考にしてみて下さい。

 

 

 

お手軽な涙袋形成ならコレ!

涙袋はホルモンタンクとも言われ、目のすぐ下のところがぷっくりとしているだけで目が大きく、可愛らしい印象を与えます。

 


出典:湘南美容クリニック

 

そのため、最近では涙袋をぷっくり見せる涙袋専用のメイクアイテムも販売されているほどです。

 

しかし、メイクだけでは満足いかない女性が多く、手軽に涙袋をぷっくりさせることができるのでヒアルロン酸注入で涙袋形成する人が増えています。

 

 

ヒアルロン酸注入

下まぶたのまつげの下5〜8oの幅にヒアルロン酸を注入する方法です。

 


出典:共立美容外科

 

注入前に患部を冷却するため、痛みは少ないですが針でチクっとした痛みが伴います。

 

 

痛みに敏感な人や恐怖心の強い人は麻酔を使って注入することもできるので安心です。


 

施術は10〜15分程度の短時間で受けられ、ダウンタイムも殆ど少ないので施術後から普段どおりの生活ができます。

 

しかし、稀に腫れ(赤み)や内出血がでる場合がありますが心配するようなものではなく、数日〜1週間程で治まっていくでしょう。

 

ヒアルロン酸は元々人の体にある、真皮全体の潤いやハリを満たす重要な働きをしています。

 

このため、注入することで体内で吸収されやすく、即効性があってすぐに効果が見られますが、半年〜1年ほどで吸収されてなくなってしまいます。

 

 

池袋の美容整形外科クリニック5選

湘南美容クリニック

 

湘南美容クリニックは池袋駅に近いところに2院あります。

 

涙袋整形では「ビタールライト」「ダナエ」「ジュビダーム ヴォルベラ」3種類のヒアルロン酸から選ぶことが可能です。

 

痛みの少ない極細針を使用し、笑気麻酔で安心して受けられます。

 

涙袋形成の料金(税込)
ヒアルロン酸注入 0.3t 18,000円〜

 

湘南美容クリニック 池袋東口院

住所
東京都豊島区南池袋1丁目19-6
オリックス池袋ビル2F

 

アクセス
JR「池袋駅」東口 徒歩1分

 

診療時間
10:00〜19:00/年中無休

 

電話番号
0120-742-910

 

 

湘南美容クリニック 池袋西口院

住所
東京都豊島区池袋2-6-1
KDX池袋ビル3F

 

アクセス
JR「池袋駅」西口 C6出口より徒歩1分

 

診療時間
9:00〜18:00/年中無休

 

電話番号
0120-5489-63

 

 

 

 

 

 

 

品川スキンクリニック

 

「レスチレンRリド」「ジュビダームビスタRウルトラ」2種類のヒアルロン酸から涙袋形成が受けられます。

 

品川本院と渋谷院のみ、脂肪注入(マイクロCRF)の涙袋形成が可能です。

 

涙袋形成の料金(税抜)
ヒアルロン酸注入 両側 83,320円

 

品川スキンクリニック 渋谷院

住所
東京都豊島区南池袋1-25-11
第15野荻ビル8F

 

アクセス
JR「池袋駅」東口から徒歩3分

 

診療時間
10:00〜20:00/年中無休

 

電話番号
0120-824-900

 

 

 

 

 

 

 

ガーデンクリニック

 

「ファーストライン」というヒアルロン酸を使用しています。

 

施術前に冷却し、テープやクリームで表面麻酔して痛みを軽減します。

 

オートファイバー(脂肪注入)でも涙袋形成が可能です。

 

涙袋形成の料金(税抜)
ヒアルロン酸注入 100,000円

 

ガーデンクリニック 池袋院

住所
東京都豊島区南池袋2-26-6
島倉ビル3・4F

 

アクセス
「池袋駅」東口から徒歩5分

 

診療時間
10:00〜19:00/年中無休

 

電話番号
0800-813-9290

 

 

 

 

 

 

 

渋谷美容外科クリニック

 

平日23時まで診療しているクリニックです!

 

ヒアルロン酸はアラガン社の「ジュビダームビスタ」を主に使用しています。

 

麻酔入りの無痛のヒアルロン酸があり、注入時の痛みが少ない極細の針で受けられたりと痛みの軽減に工夫しています。

 

涙袋形成の料金(税抜)
ヒアルロン酸注入 0.1t 初回 4,800円

 

渋谷美容外科クリニック 池袋院

住所
東京都豊島区南池袋2-27-8
南水ビル7F

 

アクセス
「池袋駅」東口から徒歩3分

 

診療時間
(月・火・水・金)
10:00〜14:00/15:00〜23:00
(月(第2・4)・木)
10:00〜14:00/15:00〜23:00
(土・日・祝)
10:00〜14:00/15:00〜19:00

 

電話番号
0120-96-3720

 

 

 

 

 

 

 

ルーチェ東京美容クリニック

 

麻酔入りのヒアルロン酸を使用しているので痛みがほとんどありません。

 

涙袋形成の料金(税抜)
ヒアルロン酸注入 1回 35,000円

 

ルーチェ東美容クリニック 渋谷院

住所
東京都豊島区西池袋3-26-5
ニューマツモトビル8階

 

アクセス
「池袋駅」西口から徒歩3分

 

診療時間
10:00〜19:00/不定休

 

電話番号
0120-822-188

 

 

 

 

 

 

 

 

涙袋形成の種類

涙袋形成は主にヒアルロン酸注入が多いですが、他にも涙袋をぷっくりさせる施術方法があります。

 

脂肪注入


出典:ヴェリテクリニック

 

自分のお尻や太ももの脂肪を吸引し、涙袋に注入する方法です。

 

脂肪吸引した部分にも傷跡やダウンタイムがあり、料金もヒアルロン酸注入に比べて高くなります。

 

しかし、気になる部位を脂肪吸引することで、涙袋形成と同時に部分痩せすることができます。

 

注入してから定着するのに3ヶ月ほどかかりますが、1度定着した脂肪は半永久的に維持することが可能です。

 

 

プロテーゼ挿入

下まぶたの目頭と目尻部分を切開し、プロテーゼを挿入する方法です。

 

涙袋専用の柔らかいプロテーゼを使用するので、くっきりとした自然な涙袋に仕上がります。

 

メスを使うため、術後は大きな腫れと内出血が伴い、ダウンタイムが数週間続いて抜糸が必要になります。

 

医師の技術力が重要になるので、プロテーゼの涙袋形成が受けられるクリニックが限られています。

 

そのため、料金も高額となってしまいますが、半永久的に持続するといわれています。

 

 

外科的手術法

下まつげの下を切開して、眼輪筋を目尻の部分まで引っ張り、涙袋を強調させる方法です。

 

また、同時に脂肪や筋膜を移植することでよりぷっくりとした涙袋を作ることができます。

 

術後から大きな腫れと内出血が伴って、切開した部分を縫合するので1週間糸がついた状態です。

 

仕上がりの微調整が難しいので、外科的手術法の涙袋形成ができるクリニックは少ないでしょう。

 

しかし、1度行えばぷっくりとした涙袋を半永久的に維持することができます。

まとめ

涙袋形成は4種類ありましたが、ヒアルロン酸注入なら手軽に受けられるのではないでしょうか。

 

 

注入する量もそんなに多くないので料金も低コストで嬉しいですね。


 

ヒアルロン酸注入で涙袋形成するなら!

  • すぐに魅力的な目元をつくれる
  • 痛みやダウンタイムが殆どない
  • 短時間で手軽に受けられる

 

しかし、手軽にできるといっても医師の技術力が重要なので、慎重にクリニックを選びましょう。

TOPへ